リベンジ(和訳記事トリスタに関するところを抜き出し)

by - 5月 20, 2019


「パンヤ」、「トリックスター」、 「言葉私の話、アリシア」などいくつかの ゲーム開発会社として知られているエントリーブソフトが2019年に入って、そのゲーム新規商標権を出願して活動を始めて関心を集めている。

株式会社エントリーブソフトは1月8日に トリックスター」、「アリシアM」の2つの新規商標権を それぞれ出願して登録手続きを進めていることが確認された。


トリックスターエントリーブ開発サービス、オンラインゲームの一つ、2003のサービス開始し、2014のサービス終了まで延々11年間、ユーザーの愛受けたゲームであり、乗馬素材にしたユニークなコンセプトオンラインレースMMORPG「アリシア、2011年登場して熱い関心集めてサービスを2014サービスを終了しました。 トリックスター」は「召喚師になりたい」というゲーム名で系譜を引き継ぐモバイルタイトルが登場したりしましたが、原作MMORPGゲーム感性とは全く異なる外伝的なゲームだった。

「パンヤ」に加え、エントリーブソフトの主力作とすることができる「トリックスター」、そして物足りなさはあったが、ユニークなゲームスタイルで、ユーザーの注目を集めた「アリシア」までまだユーザーの記憶に残っているオンラインゲームをエントリーブソフトがいつどのような姿で、モバイルでリリースするのか成り行きが注目される。


ソース


You May Also Like

0 コメント